スポンサーサイト

  • 2010.01.25 Monday
  • -
  • -
  • -
  • -
  • -
  • by スポンサードリンク

一定期間更新がないため広告を表示しています


石川氏逮捕は不当=民主・石井氏(時事通信)

 民主党の石井一選対委員長は18日夜、日本BS放送の番組に出演し、小沢一郎幹事長の元秘書の石川知裕衆院議員が政治資金規正法違反の容疑で東京地検特捜部に逮捕されたことについて「(実態としては)間違いをただしてないというだけで、これは行政処分で済む話だ」と述べ、逮捕は不当との認識を示した。 

【関連ニュース】
「大政翼賛会」は続かない〜民主・渡部元衆院副議長インタビュー〜
「小沢独裁」は作られた虚像〜民主・輿石参院会長〜
労組への配慮で公務員制度改革「封印」の危機
民主党と財務省の「一体化度」を検証する
「普天間」「習近平」「献金」で囁かれる「鳩山政権短命説」

JR脱線事故 遺族ら検審へ意見書提出決定(産経新聞)
犯人が捨てる?路上に被害者購入品…札幌の殺人(読売新聞)
<遺伝カウンセラー>雇用拡大目指し NPOが今春発足(毎日新聞)
市有地神社「違憲」、氏神様など数千件影響も(読売新聞)
通常国会召集 冒頭から大荒れの様相 審議日程決まらず(産経新聞)

「謝って下さい、お願いします」菅家さん謝罪を懇願 足利再審(産経新聞)

【元検事語る(9)完】

 《宇都宮地裁で開かれた足利事件の再審第5回公判。菅家利和さん(63)を取り調べた森川大司・元検事に対し、弁護側がさらに質問するかどうかを協議するための約10分間の休廷をはさみ、弁護側の尋問が再開された》

  [表で見る]過去の主な再審事件

 《休廷中、菅家さんは弁護人の「気にせず質問していいんですよ」との言葉に笑顔で応じるなど、リラックスした表情だったが、裁判長が再開を告げると緊張した面持ちに。主任弁護人から、弁護側の質問の後、菅家さんが再び質問することが伝えられた》

弁護側「平成4年12月8日の取り調べは、主か従かは別として、(松田)真実ちゃん事件(足利事件)も目的の一つで間違いありませんか」

森川元検事「その一つにはなると思います」

弁護側「冒頭に真実ちゃん事件のことを聞いたのはなぜですか」

森川元検事「(平成4年12月)7日の供述状況を検討しました。それまで真実ちゃん事件は否認したことがありませんでした。(福島)万弥ちゃんの事件(昭和54年の女児殺害事件)や有美ちゃんの事件(59年の女児殺害事件)は(否認したことが)ありましたが、余罪は否認しても真実ちゃん事件は一度もなかった。ところが、7日の段階でひとまとめに否認してしまった。明らかな虚偽供述。刑事責任を免れるための虚偽供述だと思いました。全体の信用性を検証する場合に、菅家氏の真意はどこにあるのかを確認するために、『間違いない』という心証をぶつけて確認しようと思いました」

 《「否認は明らかな虚偽供述」との認識を示した森川元検事。当時の認識が明らかになっていく》

弁護側「12月8日の取り調べは否認を虚偽と考えて臨んだんですか」

森川元検事「そうです」

弁護側「12月8日の取り調べに先立ち、黙秘権の行使について告知しましたか」

森川元検事「言っていないと思いますが、覚えていません。それまでの取り調べで『言いたくないことは言わなくていい』と何回も伝えてありましたので、当然分かっていると思っていました」

弁護側「今までと違って、否認を自白に転じさせることが目的ですので、告知すべきだと思うのですが」

森川元検事「若干そうじゃないかと」

弁護側「真実ちゃん事件は起訴後の取り調べですから、任意ですね。応じる義務がないことは告知しましたか」

森川元検事「記憶にありません」

 《弁護側は、取り調べをテープに記録した理由に言及していく》

弁護側「テープには録音されていませんが、テープ以外のところで言っていませんか」

森川元検事「(宇都宮)拘置支所に移ってからの取り調べでは、真実ちゃん事件について若干触れたことはあっても余罪についての取り調べでして」

弁護側「12月8日には数十分かけて否認を覆していますよね。これでも若干ですか」

森川元検事「否認供述を維持するのかの念押しをしたのです」

弁護側「告知をしたかどうか確認します」

森川元検事「テープに入っていなければありません」

弁護側「テープは個人的に録音したのですか」

森川元検事「はい」

弁護側「取り調べの録音はよくしていたのですか」

森川元検事「そういうわけじゃありません。ケース・バイ・ケースで、やった方がいいと思うときは録音していました」

弁護側「その基準は何ですか」

森川元検事「申し上げられません」

弁護側「菅家さんの取り調べで録音している回と、していない回がありますね」

森川元検事「最初の2回以外はテープが入っていると思いますが」

弁護側「録音を始めた理由は」

森川元検事「余罪を調べるにあたって、自供はありますが、真実ちゃん事件より証拠が薄いので、取り調べるにあたって、どういう質問にどういう供述をするか。出方や態度が証拠になるし、検討した方がいいと判断したと記憶しています。調書は文書化されると経緯が分からなくなるので」

弁護側「言い方が良くないかもしれませんが、取り調べをリアルに再現するためにテープを録音したのですね」

森川元検事「そういう確認をする場面が出るかもしれないと思って、テープかなと」

弁護側「テープは検察の予算で購入したんですよね」

森川元検事「いえ、個人のお金です。機械もテープも私物です」

弁護側「個人的に録音することは地検では一般的だったのですか」

森川元検事「そうじゃないと思います。ほかの取り調べは知りませんが」

弁護側「宇都宮から異動する際は正式な記録として残さず、私物として持っていったのですか」

森川元検事「重大事件ですので、何かの参考になるかもしれないと思い、残しておきました」

弁護側「異動するときには置いていったのですね」

森川元検事「はい。そうでなければここにはないでしょう」

弁護側「自分で持っていれば処分する可能性もあったということですか」

森川元検事「そうですね」

弁護側「証人尋問が決まったあと、テープは聞きましたか」

森川元検事「反訳文はもらいましたが、テープは聞いていません」

弁護側「法廷で公開されることは知っていましたか」

森川元検事「報道などで見ましたし、証人が決まった際の検察からの連絡でも聞いていました」

弁護側「菅家さんが昨日(再審第4回公判)の法廷でテープを聞いて動揺したことは知っていますか」

森川元検事「昨夜や今朝のニュースなどで聞きました」

弁護側「当時のことを思いだしましたか」

森川元検事「個々のやり取りまでは覚えていません」

弁護側「菅家さんが嫌な気持ちになったと聞いてどうですか」

森川元検事「私に聞かれても困ります」

 《菅家さんの気持ちを聞かれて、森川元検事の声が小さくなる。森川元検事はこう続けた》

森川元検事「ただ、自分の供述のテープが流れて聞くのはつらいと思います」

弁護側「テープを(地検に)残して、後任に正式に引き継がれたのですか」

森川元検事「検察庁の記録係に引き継ぎましたが、高検や最高検に送ったかは分かりません」

 《4人の弁護人が交代で質問を終えた後、菅家さんが立ち上がり、森川元検事への質問を始めた》

菅家さん「えー、森川さん私はね、昨日、今日とテープを聞いて本当につらい思いをしました。私と私の両親と兄弟に謝る気はまだありませんか」

森川元検事「先ほど申し上げた通りです。深刻に受け止めています」

菅家さん「私と森川さんの立場を逆に考えてください。謝ってください。お願いします」

森川元検事「申し上げた通りです」

 《質問と言うよりは懇願するように、菅家さんは森川元検事に向かって数度頭を下げた。それでも森川元検事は小さな声で同じ言葉を口にするだけだった》

 《検察側は反対尋問を行わず、裁判官からの質問に移る》

小林正樹裁判官「平成4年12月7日と8日ですが、8日の取り調べは当初から予定していたものではなかったのですか」

森川元検事「それまでは余罪について自白がありました。否認しても自白をしていました。他の証拠との関連で起訴できるか微妙な段階で、こちらも決めかね、自白が間違いないのかと真意を確認しようと思って始まった取り調べです。本件まで否認になるとはまったく予想していませんでした。自分の言葉が影響したのか分かりませんが、すべて否認されてしまったので、終わった後に検討して虚偽だと思いました。万弥ちゃん、有美ちゃん事件は否認したけど弁解も聞けてないと思い、再度8日の取り調べを行いました」

佐藤正信裁判長「8日に本件についての取り調べをすることについてはどう考えていましたか?」

森川元検事「要するに本人の開き直りかなと思ったので、その態度を正していこうと思いました。正すところは正して…」

佐藤裁判長「本件については虚偽だと意識して調べたようですが」

森川元検事「そう念頭に置いてやりました」

佐藤裁判長「別件は?」

森川元検事「そこは分かりませんでした。とにかく供述を聞いてみようと」

佐藤裁判長「本件については、虚偽であるという気持ちで臨んだんですね」

森川元検事「はい」

 《森川元検事は佐藤裁判長に深く一礼し、法廷を後にした。後を追おうとする記者たちを、佐藤裁判長が「このままで」と諭す。菅家さんが望み続けた森川元検事からの謝罪の言葉は出ないまま、証人尋問は予定より1時間早い午後4時5分に終了。菅家さんの再審は実質的な審理を終えた》

 《次回は2月12日、検察側による「無罪」の論告と、弁護側の最終弁論が予定されている》   =完

【関連記事】
弁護側「極めて不誠実だ!」 検察側も「異議あり」を連発
「あなたは反省してるんですか!」声を荒らげる弁護側
「否認しても有罪」きっぱり言い切る元検事 足利再審
「(無実と思ったことは)ないです」元検事、当時の認識きっぱり 足利再審
18年ぶり対峙「反省していないのですか」と菅家さんの声に、元検事は謝罪せず 足利再審

<補正予算案>25日採決で大筋合意 衆院予算委理事会(毎日新聞)
郵便局で500万円奪い男逃走 東京・江戸川(産経新聞)
「25%減」に理解求める=温室ガス、日商会頭に−小沢環境相(時事通信)
<柏崎刈羽原発>6号機の営業運転を再開 7号機に続き(毎日新聞)
人事で鳩山カラー? 憲法解釈論議も“小沢手法”か(産経新聞)

新学期の首都圏 電車内で痴漢など39人を摘発 1都3合同摘発チーム120人投入   (産経新聞)

 警察庁は21日、多くの高校などで新学期を迎えた今月8日から15日までの間に東京、埼玉、千葉、神奈川の1都3県を走る主要な鉄道路線の車内や駅構内で痴漢やわいせつな迷惑行為を働いた男39人を現行犯逮捕したと発表した。

 新学期の開始で痴漢被害の増加が予想されるとして、警視庁と3県警は、休日以外の今月8日から15日を「痴漢事犯取締り強化期間」に指定。

 日ごろ通勤、通学途中の被害が多い埼京線など数路線と乗降客が多い新宿、池袋や大宮、横浜などのターミナル駅で、朝、夕のラッシュ時を中心に合同チーム計約120人を投入。電車内やホームなどで集中警戒に当たった。

 この結果、電車内で強制わいせつや痴漢行為を働くなどした33人と、エスカレーターで盗撮するなどした計39件、39人を現行犯逮捕した。

 犯行の内訳は、車内での悪質な痴漢行為(強制わいせつ)が2人、車内での痴漢行為(条例違反)が30人、車内での盗撮(条例違反)が1人、駅構内のエスカレーター、トイレでの盗撮やのぞき行為などが6人。

 警察庁では、集中取締りに一定の効果が見込めるとして、今後も適宜、実施する方針という。

【関連記事】
病的な性的嗜好者も…“プチ痴漢”衝撃被害
JR埼京線の痴漢防止カメラ、試験運用をスタート
痴漢の冤罪、手袋で阻止…男女とも安心?
特急内の痴漢 愛知県職員に無罪判決 「故意の証拠ない」
「複数の女性が触られている」と通報 痴漢の疑いで取手市職員逮捕

<JOC>東京五輪招致委の一部費用負担へ 赤字決算を受け(毎日新聞)
小沢氏「お騒がせし恐縮」=長崎行脚、検察批判には触れず(時事通信)
「魚秀」が所得隠し1.2億円 ウナギ産地偽装の工作費(産経新聞)
ゆるキャラ 香港で関西PR 大阪で結団式(毎日新聞)
「国の責任大きい」=日航破綻で−前原国交相(時事通信)

世界の原子力災害に急行=医療支援チーム結成−放医研(時事通信)

 放射線医学総合研究所は19日、海外で放射線被ばくや汚染事故が起きた際、速やかに現地に派遣し、初期治療などを支援する「緊急被ばく医療支援チーム」(REMAT)を結成したと発表した。
 REMATは、放医研の職員の中から医師や放射線防護の専門家ら約40人を指名。事故の起きた国や国際原子力機関(IAEA)からの要請を受けると、速やかに5−10人のチームを編成して現地に向かう。
 最新の測定機器や医薬品などを携行し、測定データは衛星回線で日本に送り、ほぼリアルタイムの分析が可能だ。分析結果を基に、治療や除染の方針を現地スタッフにアドバイスし、初期の対応を支援する。 

【関連ニュース】
【特集】激震 ドバイ・ショック
景気「悪くなる」が増加=1年半ぶり、円高で二番底懸念
菅氏、「円安誘導」過去にも=財務相の為替発言、問題に
柏崎原発7号機で営業運転再開=新潟県中越沖地震で被災後初
赤紫の香りシクラメンを開発=埼玉県など〔地域〕

<土地購入事件>閣僚からの批判なく 一部で検察への疑念も(毎日新聞)
父の忍耐しのぶ=直木賞の白石一文さん(時事通信)
産業ガスで価格カルテルか=大陽日酸など十数社立ち入り−公取委(時事通信)
土地疑惑、強制捜査 小沢氏「国民は理解」 政府・与党に緊張 (産経新聞)
小沢氏聴取、今週末か 妻にも打診(産経新聞)

<陸山会土地購入>小沢氏が聴取応諾へ(毎日新聞)

 小沢一郎民主党幹事長の資金管理団体「陸山会」の土地購入を巡る事件で、小沢氏は東京地検特捜部から要請されていた任意の事情聴取に応じる方針を固めた。特捜部は、政治資金規正法違反(虚偽記載)容疑で逮捕した衆院議員、石川知裕容疑者(36)=北海道11区=が「小沢氏から現金4億円を受領し土地を購入し、政治資金収支報告書に記載しなかった」などと供述していることから、小沢氏への聴取は不可欠として聴取を要請していた。

 小沢氏側は、「捜査に協力的でない」との批判が小沢氏に対して高まっていることなどから、任意での事情聴取に応じた方が得策と判断したとみられる。

 土地購入と同時期の04年10月、中堅ゼネコン「水谷建設」元幹部らが、胆沢ダムの下請け工事受注の謝礼として5000万円を石川議員に渡したと証言していることから、特捜部は4億円の原資も問いただすとみられる。

【関連ニュース】
陸山会土地購入:地検捜査巡りシンポ
陸山会土地購入:小沢氏資金、「積み立て」記載漏れの疑い
陸山会土地購入:水谷建設社長が辞任 「健康上の理由」
陸山会土地購入:虚偽記載、池田元秘書も容疑認める
陸山会土地購入:小沢幹事長聴取、再び要請 東京地検

志位・共産委員長「小沢氏は説明責任果たせ」(産経新聞)
<三重現金輸送車襲撃>日通元社員に有罪判決 津地裁(毎日新聞)
土地探しに小沢氏関与、大久保被告が案内(読売新聞)
野口宇宙飛行士 北海道の子供たちと交信 質問に答える(毎日新聞)
がん患者への相談支援の在り方でシンポ(医療介護CBニュース)

<読売テレビ>「鳥人間コンテスト」7月再開(毎日新聞)

 読売テレビ(大阪市)の越智常雄社長は18日、昨年は中止した「鳥人間コンテスト選手権大会」を7月24、25日に再開すると発表した。放送日は未定。

 09年は不況の影響で中止し「来年は再開する」としていた。番組は1977年に開始。滋賀県の琵琶湖を会場に毎年開催されてきた読売テレビの看板番組の一つ。越智社長は「今年は復活する。安全面をチェックして実施したい」などと述べた。

【関連ニュース】
「鳥人間」山崎勇祐さんを偲ぶ

センター試験 追試験、最多の961人 雪で遅れ、1万人影響(産経新聞)
皇太子ご夫妻、兵庫県入り(時事通信)
大阪・羽曳野射殺 発砲直前に離婚説得 妻と義母ら容疑者宅で(産経新聞)
関西元気文化圏賞の大賞に「水都大阪2009」(産経新聞)
未届け有料老人ホーム、全国に389施設―厚労省が追跡調査(医療介護CBニュース)

自民・青木氏が出馬表明(時事通信)

 自民党の青木幹雄前参院議員会長(75)は18日午後、松江市で記者会見し、夏の参院選に島根選挙区から出馬することを表明した。これに先立ち、党島根県連は同日の選挙対策委員会で青木氏の擁立を決めた。青木氏は5選を目指す。 

【関連ニュース】
「名工」三村氏、アディダスと契約=陸上シューズなど開発
山崎氏ら公認せず=参院選、青木氏は出馬へ
参院選挙区20人を公認=現職中心
タクシーの最高乗務距離制限、合理性なし=エムケイ社長
12機関26人を提示=国会同意人事

高速道走行中、バス運転手が意識不明…乗客停車(読売新聞)
欠けた夕日 町を染める 西日本で部分日食(西日本新聞)
<業務上横領容疑>名古屋保育園連元事務員を逮捕 愛知県警(毎日新聞)
<訃報>宮沢健一さん84歳=医療経済研究機構所長(毎日新聞)
<火災>群馬で民家全焼 1人死亡(毎日新聞)

インフル患者、依然減少=ほとんど新型−感染研(時事通信)

 4日から10日までに全国約5000カ所の医療機関を受診したインフルエンザ患者は、1カ所当たり9.18人で、6週連続で減少したことが15日、国立感染症研究所の定点調査で分かった。1週間の推計患者数は約59万人で、昨夏以降の累積は推計約1875万人。
 検出されるウイルスは依然ほとんどが新型の状況が続いている。 

【関連ニュース】
インフル患者、減少続く=休暇の影響も
インフル患者、減少続く=依然ほとんどが新型
この冬どうなる?インフル流行=新型減少も予断許さず
インフル患者、3週連続減=いったんピーク過ぎる
新型インフル輸入ワクチン、従来と異なる製法=副作用懸念の声も

犬種の特徴、遺伝子解析=人間の病気解明にも貢献−米大学(時事通信)
開高健氏展 2月に青梅市で開催(産経新聞)
普天間、辺野古を視察=危険性除去に決意−官房長官(時事通信)
橋下知事、空港をどうするか「僕が決めることができる」(産経新聞)
<NHK>放送センター建て替えを検討 業務拡大で手狭に(毎日新聞)

切手セット 遼クンの最年少賞金王を記念 販売受け付け(毎日新聞)

 郵便局会社は8日、ゴルフの石川遼選手の最年少賞金王獲得を記念した切手セットの販売受け付けを始めた。2月26日まで全国の郵便局で受け付ける。

 石川選手のプレーや優勝場面をあしらったシールタイプの50円切手10種とホルダー、ポストカード6枚で、1セット3980円(送料込み)。ホルダーの表紙写真は、石川選手が優勝した4大会別に4タイプあり、申し込み時に選べる。2月15日から順次商品を発送する。

 1月中に申し込んだ人の中から抽選で4万人に、銀箔(ぎんぱく)加工を施した特製ホルダーで提供するほか、100人に1人の割合で特製ポストカードが当たる。

【関連ニュース】
日本郵政3社:改善策を金融庁などに報告 職員横領発覚で
郵政3社体制:政府と日本郵政ほぼ合意…総務相
日本郵政:3社体制へ 政府見直し案 国の関与強化
日本郵政:民営化見直しに沿い経営 3社長が初の共同会見
松井秀喜選手:MVP記念フレーム切手を発売…郵便局会社

バンコク街道
武蔵野王子
たかしのブログ
システムエンジニアのまたーりぶろぐ
花吹雪

落語家の春風亭栄橋さん死去(時事通信)

 春風亭 栄橋さん(しゅんぷうてい・えいきょう、本名山田昌男=やまだ・まさお、落語家)12日午前11時21分、パーキンソン病のため死去、70歳。東京都出身。葬儀は16日午前10時から東京都品川区西五反田5の32の20の桐ケ谷斎場で。喪主は妻美津江(みつえ)さん。 

【関連ニュース】
涙と笑いでさようなら=七代目円生の襲名計画も
盗撮容疑で落語家逮捕=携帯電話で女性狙う、釈放
故三遊亭円楽さんのお別れの会は21日
笑点、関東で視聴率27.1%
落語ファンとしてお悔やみ=円楽さんが死去で

オールイン
キルギス語文学
ネイルサロン
携帯ホームページ
アフィリエイト ホームページ

calendar
     12
3456789
10111213141516
17181920212223
24252627282930
<< September 2017 >>
sponsored links
selected entries
archives
recent comment
recommend
links
profile
search this site.
others
mobile
qrcode
powered
無料ブログ作成サービス JUGEM